はじめに

このサイトは管理人がFXを始めるにあたり調べたことをまとめたサイトです。
これからFXを始める人にとっては役に立つ情報です。
すでにFXを始めている人にはあまり役に立たないかもしれません。
それでは始めましょう。

FXとはなんぞや?

FXとは外国為替証拠金取引のこと。
「は?んなもん知ってるわw」という声が聞こえてきそうですがこのサイトではここから始めます。
お金とお金の交換。このとき違う二国間のお金を交換します。
例えばアメリカドルと日本円。これで1ドル100円のときに交換して1ドル90円のときに交換すると、100円→1ドル→90円ですから10円損しています。
逆に1ドル110円で交換すると100円→1ドル→110円ですから10円増えたことになります。
つまり高く売って安く買う。
こうすることでどんどんお金が増えていくのです。
損をするときもあれば得をするときもあるということですね。
もちろんですが他のペアでもできます。
要するに2国間の通貨で交換するわけですから、例えばEU(ユーロ)とかイギリス(ポンド)、スイス(フラン)などでもOK.。
日本の円と外国の通貨という縛りもなくて、EUユーロとドルを交換する、ということも可能です。
どの通貨とどの通貨を交換できるかというのは業者によって違うので口座を開くときに調べておきましょう。
為替レートは常に変化しています。
このレートは買いたい人と売りたい人のバランスで決まります。
買いたい人が増えればどんどん値が上がっていきます。
オークションと同じです。
円を買いたい人が増えればどんどん円高に。
ドルを買いたい人が増えればどんどんドル高になっていきます。
ではどうして売りたい人と買いたい人の差が生まれるのかと言えば、それは個人の事情というものです 。
適当ですが本当にそうなのです。
しかし、その国の景気が良くなれば価値が上がっていくということはあります。
例えば失業率が下がったような場合です。この場合は価値上がります。
で、要するに安く買って高く売る。
これが全てです。
または高く売って安く買う。
まあ同じですね。
FXで使うお金は借り物、つまり借金です。
4万円の資金で100万円分のお金を運用したりすることが可能です。
現状すべてのFX業者は最大レバレッジ25倍までの取引が可能となっています。
これはどういうことかというと最低でも運用額の25分の1の証拠金を用意すれば、誰でも相場に参入が可能ということになります。
ただ、レバレッジのメリットは、時にはそのままデメリットになります。
この点は「FXの特徴」で説明致します。