リスクマネジメント

リスクマネジメント。
マネジメントとは管理することです。
リスクを管理することをリスクマネジメントと言います。
まず初めに言っておくとリスクマネジメントも大事ですがこれだけで勝てるほどFXは甘くありません。
ですがこれをせずにFXをやることはできない。
そう言うものだと思っておいてください。
当然ですが相場は管理できません。
しかしリスクは管理できます。
管理できないものより管理できるものを管理する、そんな考えです。
ここで大事なのは1回のトレードで被るリスクを決めておくこと。
大体言われているところでは1%から多くて5%です。
最大で5%。普通なら1%に留めておきたいところです。
つまり100万円持っていれば1万円。
損失が出て99万円になったら次のトレードでは9900円。
このような感じになります。
5%であれば5万円。
損失が出て95万円になったら次は47500円。
2連敗すると約90万円になってしまいます。
5%の場合はかなり速いペースで資産が減っていくことが分かります。
投資は儲けることも大事ですがそれ以上に損をしないことが大事です。
資金がなくなったらそこで試合終了ですよ・・・?
そして余力資金でやること。
これで儲からなかったら自殺します。
そんなお金ではやらないでください。
なぜかというと、そういうお金でやると精神的に焦ってしまうからです。
焦ると勝てなくなります。
ですから、誰かとけんかしてムシャクシャしているときはやらない方がいいです。
そう言う日はチャートも見ないようにした方いいです。
いけると思って手を出してしまうから。
そして負けます。
今自分がどこの段階にいるのか。
あと何連敗すればゲームオーバーで、あと何連勝すればいくらの儲けになるか。
それを把握できていることが大事です。
さて、100ピプスというのは1円のことです。(レバレッジにより変動)
1ピプスは1銭ですからそうなりますよね。
そして1ロットは1万通貨(業者によって違うが、1万通貨のところが多い)です。
つまり1ロットで100ピプス動いた場合は1万円の利益、または損失になります。
1ロットで100ピプス動く=1万円の利益 or 損失 これを使えば何ロット使えるか分かります。
例えば、今回のトレードは1万円のリスクを負うことにしよう。
そしてチャートから見て20ピプス円高になれば負けを認められる(つまり予想が外れたと判断してもおかしくない)。
そうすると賭けることができるのは5ロット(5通貨単位)ということになります。
逆に損失は20ピプスに決めたら利益は最低でも1.5倍、すなわち30ピプスは欲しいところです。
チャートを見て30ピプスは上がらないだろうと判断すればそのトレードは見送るべきです。割りに合わないトレードということです。