プロスペクト理論

投資の話になるとよく出てくるのがこのプロスペクト理論です 。
どういう理論かと言うと、利益を得た喜びより損失を被ったショックのほうが大きい。という理論だったかなぁ?
例えば投資をしていて含み損が出た場合、いつまでも決算をしない。
これは何かと言うと損を確定するのが嫌だという心理が働いているから。
決算したら損が確定してしまいますね。
だから決算しない。
つまり人間は損を確定することが苦手な動物ということです。
そしてそのまま放置、いわゆる塩漬けにしてしまい上がるのを待つことになります。
もちろん待っていれば上がることもありますが、もし上がらなかったら・・・・・資産のほとんどを失い市場から退場することになってしまうのです。
FXでは証拠金が足りなくなると強制的に決算されてしまいますからね。
一方で利益が出た場合はどうでしょうか?
例えば今5000円儲かっている。
ここで決算してしまえば確実に5000円儲かります。
そこで多くの人は次のように考えます。
『ひょっとしたらここでトレンドが変わるかもしれない。 トレンドが変わったら徐々に含み益は減っていき、さらにはマイナスになってしまう可能性がある。 だとすると今決算しておいた方がいいだろう』
しかし実際にはまだまだ上がって5000円が1万円、2万円、3万円になっていく可能性もあるのです。
これがプロスペクト理論というもので、人は利益は確実に得たいが損失はなんとしても回避したいと思う動物なのです。
損失には利益の2倍以上敏感です。
つまり200万円得た喜びの逆は100万円失ったショックとなります。
プロスペクト理論に従って行動すれば多くの場合負けてしまいます。
なぜなら損失が出た場合はそれを回避したいがために含み損をどんどん増幅させていき、反対に利益が出た場合はその利益を確実に得たいがために少しの利益で決算してしまうからです。
利益は少ないにもかかわらず損失はでかい。
これを繰り返せば負ける投資方法になりますよね。
FXで勝っているのは1%とか5%とか言われますが、それは多くの投資家がこの理論によって負ける投資法で勝負しているからです。
損切りを早めにしなさいとはよくいいますが、それはこの理論を教えてくれているのです。
つまり我々はプロスペクト理論の逆、損小利大のトレードを目指すことが重要になります。
つまり損失は小さいうちに確定してしまい、利益については大きく取るということ。
これなら例え勝率が50%でも利益がでることになります。
そしてプロスペクト理論に勝つために最初から予定を決めておくこと。
つまりどこでエントリーして、どこで利益確定、または損切りするか決めておくのです。
チャートを見ながら行き当たりバッタリでやるとプロスペクト理論が働いて損大利小の負けトレードになってしまう可能性が高くなります。
下がったけどもう少し待てば上がるかも、などと根拠のない妄想をするようになったら終わりです。
期待という色眼鏡でチャートを見ては勝てません。
どうしても手が動かないという人はOCO注文などを入れてチャートを見ないという手もあります。